働くひとも、利用者も、健やかでいるために

求められる『質の高い福祉サービス』提供のために、
人材育成と確保が急務です。

少子・高齢社会の進展等により、福祉サービスに対する需要の増大・多様化が見込まれ、利用者本位の質の高い福祉サービスの提供が求められることから、サービス提供の基盤である福祉人材の確保・養成が極めて重要です。

茨城県の福祉人材確保の考え方

福祉の仕事をしたい方が学びやすく、安心して働くことができるような取り組みを進めていきます

福祉人材を確保のための『3つの視点』

茨城県では、以下の3つの視点を軸に福祉人材の確保に取り組みます。

  • 人材のすそ野の拡大を進めるための「参入促進」
  • 福祉人材の質の向上を促すための「資質の向上」
  • 福祉の仕事についた方の定着を図るための「労働環境・処遇の改善」

福祉の現場の今とこれから

今後の福祉の現場では、求められる人員と供給に大きな開きが見込まれます

生産年齢人口の減少や経済の好転や、福祉の仕事に対するマイナスイメージなどにより、人材が不足しており、今後も厳しい状況が見込まれることから、茨城県として、さらに福祉人材確保対策を強化していく必要があります。

介護人材の必要数

第7期介護保険事業計画に基づく需給推計によると、茨城県では2020年には約3000人、2025年には約7000人の介護人材の不足が見込まれています。

  需要 供給 不足
2016年 34,959 -
2020年 41,929 38,784 3,145
2025年 47,893 40,977 6,916

外国人の受け入れ・福祉関係事業所との連携について

外国人の受け入れ

茨城県では福祉の現場で働きたい外国人、福祉を学びたいと思っている外国人の方を積極的に受け入れています。

福祉関係事業所の方へ

県内の福祉関係事業所の方に向けた情報やご案内を公開しています。

茨城県の福祉人材確保についてのお問い合わせ

茨城県保健福祉部 福祉指導課 福祉人材確保室

TEL.029-301-3197

〒310-8555
茨城県水戸市笠原町978-6